化粧品の安定化成分として配合されるミツロウについて。

化粧品情報サイト

化粧品の成分を解説しています。


ミツロウ

ミツバチの巣を溶融させてロウ分を採取して精製したもので、白色〜薄黄色の固体です。

わずかに特異な臭いがあり、植物油などに溶けますが、鉱物油には溶けません。

古くから化粧品に使用されている原料で、乳化成分としてホウ砂と一緒に使われていました。

現在では、メイクアップ化粧品において、他のオイル成分と組み合わせて配合し、ベースの形状や感触の調整に使われることが多い原料です。

漂白処理したミツロウをサラシミツロウと呼びます。