化粧品の安定化成分として配合されるベヘニアルコールについて。

化粧品情報サイト

化粧品の成分を解説しています。


ベヘニアルコール

ナタネ油などから蒸留精製されて得られる炭素数22の高級アルコールで、白色の薄片または粒子状の原料であり、融点は63〜73℃です。

乳化安定効果に優れ、融点が高く親油性高く、肌に馴染ませる時に溶け込むような使用感触がありますので、多くの製品に使用されています。

セタノール、ステアリルアルコールなどと適時組み合わせて独自時の感触を出すことができます。