化粧品の安定化成分として配合されるペクチンについて。

化粧品情報サイト

化粧品の成分を解説しています。


ペクチン

リンゴやオレンジなど多くの果実や野菜に含まれている多糖類で、ガラクツロン酸やメチルガラクツロン酸から構成されています。

白色〜やや灰色を帯びた粉末で、水に溶け、アルコールには溶けない性質を持っています。

ゲル化する性質から、様々な化粧品での粘性や固さを調整したり、乳化の安定化のために配合されることもあります。

食品分野では、ジャムを作るために欠かせない成分です。

アルカリ性では、ゲルが不安定になりますので、注意が必要です。