化粧品の安定化成分として配合されるセロチン酸について。

化粧品情報サイト

化粧品の成分を解説しています。


セロチン酸

カルナウバロウウやミツロウなどの固形油から精製された炭素数26の高級脂肪酸です。

融点が高く、そのままオイル処方に使われたり、他の脂肪酸と組み合わせたアルカリ塩の乳化成分としてクリームや乳液に使われます。

また高温領域の安定な乳化物や感触の調整としても使われています。