化粧品の安定化成分として配合されるキャンデリラロウについて。

化粧品情報サイト

化粧品の成分を解説しています。


キャンデリラロウ

トウダイグサ科植物キャンデリラの茎から抽出した黄褐色の固形状オイルで、主成分は高級脂肪酸と高級アルコールのエステルです。

他のオイル成分と組み合わせて口紅やスティック状およびペンシル状の製品形状をつくり、安定に保ちます。