化粧品の安定化成分として配合されるカンテン(寒天)について。

化粧品情報サイト

化粧品の成分を解説しています。


カンテン(寒天)

太平洋、日本海などに原産する海藻のマクサ(テングサ)などから得られて多糖類で、主成分はゲロースで、構成単位となっている糖はガラクトピラノースです。

半透明白色の紐状固形物、または白色の粉末状です。

温水に徐々に溶ける粘性のある液体になり、約1%程度の溶液を冷却するとゼリー状に固まります。

ゲル化しますので、特殊な形状や感触のパックなどに配合されることもあります。

また、他の高分子状の化粧品成分と混合して、感触の調整に使用されることもあります。

食品分野では、寒天(カンテン)として古くから利用されており、また、微生物の繁殖用の培地としても使われていて、広い分野で使用されている素材です。