今回のエントリーは、国産のごぼう茶が新発売!です。

化粧品情報サイト

『化粧品の通販』で失敗しないために!


国産のごぼう茶が新発売!

(株)あじかん(広島県広島市、中谷登社長)は、2011年1月28日より「国産あじかん焙煎ごぼう茶」を発売します。

販路は通販のみですが、同製品は、国産ごぼうを原料に独自開発の焙煎加工法(特許出願中)により、香ばしく抗酸化力を大幅に高めた健康茶です。
全国23種類のごぼうの中から味や品質にこだわり、ごぼう茶に最もあう糖度が高く、えぐみの少ない原料を厳選しているようです。

「長年、食品メーカーとしてきんぴらごぼうを製造販売してきた当社は、ごぼうの健康機能に着目。専門家の方々とその機能性の科学的な検証を重ねてきました。その結果、独自の焙煎加工法により、ごぼうに含まれるポリフェノールの抗酸化力をさらに高めることに成功しました」との事です。
水さらしを行わず、ごぼうを皮ごと処理している為、ポリフェーノルを多く含有し、さらに独自技術で、偏食の原因となるポリフェノール酸化酵素の働きを抑えて乾燥し、焙煎することで、抗酸化活性を高めています。

こうしたことから同製品1杯分(ティーバッグ1包 1.5g入り)の抗酸化活性は、450μmolトロロックス当量(ORAC法)となっており、これは、ブルーベリー約7g(約7個)分に相当します。

日本人が、古くから親しんできた野菜の一つ「ごぼう」は、中国から民間薬として伝わり、多くの薬効が言い伝えられてきました。
腸内環境の改善に役立つとされる食物繊維や、高い抗酸化能を持つとされるポリフェノールを豊富に含む事から、美容・健康食材として認知されつつあり、これら有効成分を簡単においしく摂れる「ごぼう茶」への関心は高まっています。

※上記の記事は、【健康美容EXPO>健康美容EXPOニュース>健康美容ニュース:TOP>健康食品>健康美容効果が注目される国産のごぼう茶を新発売】より、一部引用しています。