化粧水の解説。

化粧水の使い方や役割を解説しています。

化粧品情報サイト

『化粧品の通販』で失敗しないために!

化粧水の役割や使い方について。

化粧品の中でも一番認知度の高い化粧水の解説をしています。洗顔後の肌に潤いを補う為に必要なものですので、化粧水ランキングなどを参考に、自分の肌に合ったものを上手に選びましょう。また、化粧水に含まれるオススメの成分も紹介していますので、ぜひ参考にして下さい。


化粧水の役割を解説

化粧水の主な役割は、『水分補給』です。

日々の洗顔は、肌に付いた汚れを落とすとともに、肌が本来持っている自然の保湿因子(NMF)なども洗い流してしまいます。
洗顔で余分な皮脂や汚れを洗い流した肌は水分を欲し、肌は角質の中の水分が蒸発しやすい状態になってしまいます。

そこで必要となるのが、基礎化粧品の基本である化粧水です。

水分不足を放置すると、肌の表面や内側が乾燥し、毛穴が開きやすくなったりキメが乱れたりしまいます。
また肌の水分蒸発を防ぐ為に、皮脂の過剰分泌が行なわれ、様々な肌トラブルの原因となってしまいます。

その為、化粧水で肌の水分補給をすることが、スキンケアや美肌作りの基本と言われています。

※NMF(Natural Moisturizing Factor)とは、人がもともと持っている皮膚の自然(天然)保湿因子で、角質層や角質細胞の中にあり、水を吸収・保持する物質のことです。

化粧水の使い方

化粧水の使い方については、「コットンを使用した方が良い」とよく言われていますが、コットンを長期に渡り使用している人は、肌に無数の傷をつけてしまい、肌の表面が傷んでしまうということがよくあります。

もちろん、個人差がある為、コットンを使用したりしても肌のトラブルが起こらない方もいます。
また、上質のコットンであれば、肌をあまり傷つけることもないでしょう。

しかし、当サイトでは、より多くの方の参考となるように、「手で優しくふんわりと押さえるようにして化粧水をつける」ことをオススメします。

化粧水をつけるタイミングについては、肌の水分蒸発を防ぐ為にも、洗顔後30分以内が理想的と言われています。

化粧水をつける量については、正直なところ、どのメーカーの化粧水を使用するかで異なってきます。(内容成分が異なる為です。)

化粧水に含まれるオススメの成分

ヒアルロン酸

ヒアルロン酸は、地球上で最もすぐれた保水力を持っていますので、保湿成分としては、欠かせません。
また、真皮において、ヒアルロン酸はコラーゲン繊維の間に存在し、肌の潤いを守っています。