基礎化粧品の使用順番。

化粧水や美容液などの基礎化粧品の使う順番について解説しています。

化粧品情報サイト

『化粧品の通販』で失敗しないために!

基本となる化粧品の順番。

基礎化粧品は、スキンケアの基本となる重要なものです。しかし、お手入れの順番を間違うと全く意味の無いものとなってしまう可能性もありますので、基礎化粧品の正しい順番を学びましょう。


基礎化粧品の解説

基礎化粧品とは、数ある化粧品の中でも、主にスキンケアを目的として、肌そのものをを整える役割を持つ化粧品のことです。

ファンデーションや口紅など他の化粧品と違って、肌自体を美しくキレイに整えるための化粧品なのです。

【基礎化粧品の順番】としては、
クレンジング洗顔料化粧水美容液保湿クリームとなります。

なぜその順番で使用するのかを下記に紹介していますので、しっかり学んで美しい肌を守りましょう。

1.クレンジング

私たちが日々使用するメイクアップ化粧品には、『美しさを維持する』ために油分が多く使用されています。

油やワックスなどが含まれると、水だけでは落ちないようになってしまいます。

そので登場したのが、クレンジングなのです。

2.洗顔料

肌から油分が落ちた後は、分泌された皮脂や古い角質を洗い落として、肌をキレイな状態にする必要があります。

洗顔料は、上記の他に、外出中に付着した埃や雑菌を落とす為にも必要です。

洗顔料とクレンジングは得意とする分野が異なるのです。

3.化粧水

毎日の洗顔によって肌の汚れなどが洗い落とされると、肌は水分が蒸発しやすい状態になってしまいます。

また、肌の水分は常に蒸発していますので、肌の潤いを取り戻すために、本来の状態となった肌に水分を補給する必要があります。

肌が汚れた状態では、上手に水分を補給することができないので、クレンジングや洗顔料の後の肌に与えます。

4.美容液

いくらキレイな肌でも、化粧水が全て肌に浸透する訳ではありません。

美容液の役割としては、まず「化粧水による保湿の強化」があります。
そして「肌が不足している成分を補う」ことが美容液の役割です。

また、肌が本来持っている水分の蒸発を防ぐ役割もあります。

5.保湿クリーム

基礎化粧品の最後に登場する保湿クリームは、肌に蓋をするイメージを思い浮かべてもらえれば判りやすいかもしれませんね。

保湿クリームは「油分の保護膜を張って水分の蒸発を防ぐ」役割になります。

乳液ってなに?

保湿クリームに近い役割を持ち、よく間違われるものに『乳液』がありますが、保湿クリームと乳液では水分量に大きな違いがあります。

基礎化粧品として使用する場合には、美容液の後、保湿クリームの前がオススメです。