シミと化粧品。

化粧品を上手に使い、シミの無い美白の肌を作りましょう。

化粧品情報サイト

肌トラブルの原因や対策法-化粧品の知識-

シミの原因や種類について。

真っ白で透明な肌を目指す上で、対敵となるシミの解説をしています。スキンケア方法を間違ったり、合わない化粧品を使用し続けるといつまでもシミが残り続けてしまう場合もあります。


シミ講座−原因や種類をについて

シミとは、肌にメラニン色素が沈着して、黒褐色の斑点のように見える状態で、色素斑とも呼びます。

通常は、ターンオーバーによってメラニン色素を含んだ皮膚が押し上げられて、新しく生成された皮膚と入れ替わるのですが、そのまま残ってしまう状態がシミとなってしまうのです。

主な原因としては、「紫外線の刺激によるメラニン色素の過剰生成」「加齢に伴うターンオーバーの低下」「喫煙によるビタミンCの破壊」「睡眠不足、ストレス、慢性的な疲労による肌の老化(酸化)」「血行不良」などがあります。

※シミの原因とされる『メラニン色素』ですが、実はメラニン色素自体は、紫外線などから肌を守る役割を持っているのです。
問題は、『紫外線の浴び過ぎ』や、『過度なストレス』などによって、ターンオーバーによるメラニン色素の排出が追いつかなくなってしまうことにあるのです。

シミの種類について

シミは大きさや色、発生した場所によって原因や予防法、対策法も異なります。

シミには、化粧品で薄くなったり消えたりするシミと、残念ながら化粧品では無くならないシミがありますので、その種類に合った予防法、対策法を学びましょう。

老人性色素沈着

紫外線の影響や肌の老化に伴ってできる色素斑で、中年以降の女性に最も多く見られるシミです。
境目がはっきりしているという特徴があり、老人性色素沈着という名前ですが10代にも見られます。

老人性色素沈着の解説

炎症性色素沈着

日焼けや傷の痕、ニキビ痕が、茶色く残ってしまったシミのことです。
香水を直接肌につけたり、薬を塗った分がかぶれて、色素沈着をおこす場合もあります。

炎症性色素沈着の解説

肝斑(かんぱん)

女性ホルモンのバランスが影響してできる、皮膚の色が浅黒い人ほどできやすいと言われているシミです。
額、頬骨のあたり、口の周辺に左右対称に広がるように生じる特徴を持っています。

肝斑の解説

そばかす(雀卵斑)

そばかすは、雀の卵のような色と斑点であることから「雀卵斑」という名が付いたとされています。
遺伝性を持っており、一般に子供の頃から見られる、両頬ほから鼻にかけての小さな斑点状、茶褐色の色素班で、加齢により増える傾向があります。

そばかすの解説

摩擦黒皮症(まさつこくひしょう)

皮膚に黒褐色の色素沈着が起きる病気です。
中年以降の女性に多い症状であり、シミよりはるかに厄介とされています。

摩擦黒皮症の解説

紫外線(UV)には要注意!

紫外線(UV)には、シミの原因となるだけではなく、肌のバリア機能を壊して乾燥を引き起こしたり、真皮にあるコラーゲンを破壊してシワの原因にもなります。

紫外線が強くなる5〜7月頃、特に昼前後に外出する際は、日焼け止め効果がある乳液やクリーム、ファンデーションなどを上手に使いましょう。