老人性色素沈着について。

化粧品を上手に使い、老人性色素沈着を上手にケアしましょう。

化粧品情報サイト

肌トラブルの原因や対策法-化粧品の知識-

老人性色素沈着の原因や対策。

老人性色素沈着は、日光黒子とも呼ばれているシミで、紫外線による影響が大きく関係しています。
色が薄い色素斑であれば、美白化粧品を上手に使って、薄くなったり、消えることもあります。


老人性色素沈着の原因や症状

老人性色素沈着は、「老人性色素斑」とも言われ、紫外線が原因になることから、日光黒子や日光色素斑と呼ばれることもあります。

境目がはっきりしているという特徴があり、老人性色素沈着という名前でありながら10代にも見られるシミです。

ノーメイクの方や外出する機会が多い方に出来やすく、顔や腕、手の甲や肩など紫外線が当たりやすい部分に多く発生します。

紫外線の影響によって、角質層の奥にあるメラノサイトという細胞の活動が活発になり、メラニン色素が生成されて、シミとなって肌の表面に現れてくるのです。 多くは40代から発症することから、老化による影響も大きいと考えられています。

※メラニンは、美容的には悪いイメージですが、実は外熱から体温を一定に保つ働きや、限度以上に紫外線を吸収させなくする重要な役割を持っています。

予防法や対策法

予防法としては、日光に当たらないようにすることがベストですが、紫外線予防化粧品を使って紫外線対策をすることで予防することも可能です。

出来てしまったばかりの老人性色素沈着であれば、美白化粧品で薄くなったり、消えることもありますので、早めのケアが重要になります。

日常の洗顔スキンケア

シミは肌トラブルの中でも特に、出来てしまってから、また時間が経つほどに難しくなる肌トラブルです。

その為、現状からの悪化を防ぐことがなにより重要ですので、日常のスキンケア化粧品の中に、美白化粧品を取り入れと良いでしょう。

※美白化粧品とは、「メラニンの生成を抑え、シミやソバカスを防ぐ」、あるいはこれに類似した効能を表示できる医薬部外品の通称です。

バランスの良い食事

偏った食事は、栄養バランスを崩すだけでなく、肌のターンオーバーが乱れてしまい、色素が沈着した古い角質が残ってしまいます。

ビタミンやミネラルを多く含む食品を中心に、新陳代謝を促進させる栄養素や、抗酸化作用を持つ栄養素を摂取しましょう。

十分な睡眠

睡眠不足は、ターンオーバーの乱れとなるだけではなく、確実に肌にダメージを与えます。
十分な睡眠を摂ることで、新陳代謝の促進にも役立ちます。

化粧水や美容液を上手に使う

正しい生活習慣を送っていても、日常のスキンケア化粧品である化粧水や美容液を間違えたら意味がありません。

刺激の強い化粧水や美容液でも使わない限り、肌にダメージを与えるということはありませんが、老人性色素沈着の症状に合わせて上手に選ぶ必要があります。