ニキビと化粧品。

化粧品を上手に使い、ニキビの無い美しい肌を作りましょう。

化粧品情報サイト

肌トラブルの原因や対策法-化粧品の知識-

ニキビの原因や種類について。

大人になってからのニキビは、ストレスやホルモンバランスの乱れなどにより出来てしまいます。また、スキンケア方法を間違ったり、合わない化粧品を使用し続けるとにきびの症状が悪化する場合もあります。


ニキビ講座−原因や種類を解説

ニキビとは、肌に起こる炎症性疾患で、大人になってからのニキビは「吹出物」と呼ばれることもあります。
医学的には「尋常性坐瘡(じんじょうせいざそう)」と呼びれています。

ニキビは、毛穴がホルモンと細菌と皮脂の相互作用によって炎症を起こすことで出来ます。
つまり、皮脂が多く分泌される部位にできやすく、皮脂を分泌する毛穴が詰まるところから始まります。

主な原因としては、不規則な生活習慣や食生活、過剰なストレスや疲労などによって皮脂を分泌しやすくなり、ニキビを起こしやすくなります。
また、大人ニキビは肌のターンオーバー(新陳代謝)がスムーズにできずに、古い角質や、油分の多い化粧品などが毛穴に溜まることも大きな原因となっています。

ニキビの段階と種類

ニキビは段階によって種類が変わっていきます。

初期段階は、透明ニキビと呼ばれ、それほど影響はありませんが、最終段階になると、化膿してしまい、治っても肌に凹凸が出来てしまう場合もあります。

そうなる前に、ニキビの段階と種類を知り、対策を学んでおきましょう。

白ニキビと黒ニキビ

角栓によって毛穴が塞がれると、皮脂が毛穴の中に溜まってしまい、面皰と呼ばれる状態になります。
『白ニキビ』は閉鎖面皰とも呼ばれ、溜まった皮脂が盛り上がり、表皮からその頭が白くポツンと見えている状態です。
『黒ニキビ』は開放面皰とも呼ばれ、溜まった皮脂が毛穴を押し広げ、皮脂が空気に触れて酸化して黒く見えている状態です。

白ニキビと黒ニキビの解説

赤ニキビ

皮脂が過剰になって毛穴を塞がれると、肌の深層部に常在する「アクネ桿菌」が異常増殖します。
そして、アクネ桿菌が皮脂を分解する時に、「遊離脂肪酸」という刺激性物質を生産します。
『赤ニキビ』は、この遊離脂肪酸が刺激となって炎症が起こし、毛穴を赤く腫れさせている状態です。

赤ニキビの解説

黄ニキビ(最終段階)

『黄ニキビ』は、ニキビの最終段階であり「膿腫」とも呼ばれています。
アクネ桿菌などが増殖して酷い炎症を起こし、毛穴周辺の皮膚組織が破壊されて、化膿して膿んでいる状態です。
この段階の多くは、肌の真皮まで傷付いてしまい、炎症が治まった後もクレーターのような凸凹ができたり、シミのような色素沈着が残るなど、「ニキビ跡」が残ってしまいます。

黄ニキビの解説

化粧は肌トラブルのもと

化粧は現代女性にとって、必須アイテムとも言うべきものですが、スキンケアという点ではっきり言えば、化粧は「百害あって一利なし」です。

化粧は肌にダメージを与えると考えて下さい。

肌が健康な時はまだ良いですが、ニキビや他の肌トラブルが起こっている状況では、症状を悪化させるだけです。

しかし、現実的に女性がまったく化粧をしないというのも難しいですよね。

化粧をする必要のある女性は、刺激の弱い化粧品を選んだり、オフの日はスッピン又はなるべく化粧を控えるようにして下さい。