摩擦黒皮症について。

シミと同様に考えられている摩擦黒皮症は、皮膚の洗い過ぎで起こる症状です。

化粧品情報サイト

肌トラブルの原因や対策法-化粧品の知識-

摩擦黒皮症の原因や対策。

ナイロンタオル黒皮症とも呼ばれる摩擦黒皮症は、その名のとおりナイロンタオルなどを長期間使用することで皮膚に起こる色素異常症です。
体幹の骨直上部の皮膚などに起こる症状で、特に顔や首筋などには起こりません 。


摩擦黒皮症の原因や症状

摩擦黒皮症(まさつこくひしょう) とは、別名「ナイロンタオル黒皮症」と呼ばれることがある色素異常症です。

その名のとおり、長期間ナイロンタオルなどを使用して強い摩擦を繰り返すことで、体幹の骨直上部の皮膚に黒褐色色素沈着を生じます。

主な原因としては、ナイロンタオルだと言われていますが、石鹸やボディーシャンプー、強く擦る洗い方の3つの要素が重なって起こりやすくなります。

シミと同じく女性ホルモンの影響が強いため、特に30歳代に多いようですが、実は摩擦黒皮症はシミよりはるかに厄介な存在です。
これは、シミはメラニン色素が表皮の一部に過剰にたまった状態なのに対して、摩擦黒皮症はメラニン色素が真皮まで入り込んでしまう為です。

通常のタオルで強く擦ったり、ボディブラシ、韓国アカスリなどでも生じる場合があります。

予防法や対策法

予防や対策としては、まず強く擦ることを止める必要があります。
ナイロンタオルをスポンジタイプに代えても、強く洗うと治りません。

日常から保湿剤で皮膚を保護したり、出来てしまった摩擦黒皮症には美白化粧品を用いることで、色が少し薄くなり、退色を早めます。

※真皮は表皮と違い、生まれ変わったりはしないので、メラニン色素が分解され、排せつされるまで黒褐色の色が消えません。
(色は1年ほどで薄くなりますが、完全に治るまでには3年程度かかります。)