毛穴と化粧品。

化粧品を上手に使い、毛穴と上手く付き合いましょう。

化粧品情報サイト p class="cach_kasou1">肌トラブルの原因や対策法-化粧品の知識-

毛穴の原因や種類について。

最近では、女性だけでなく男性にとっても悩みの毛穴は、生まれつきのものであり、実は重要な役割を持っています。無くすことはできないので、上手にスキンケアを行い、毛穴と上手く付き合っていくことが大切です。


毛穴講座−原因や種類をについて

毛穴は、美容にとってはすごく『悪者』のイメージがありますが、体にとっては実はすごく大切な役割を担っています。

毛穴は、肌の表面を乾燥や化学物質の刺激から守るだけでなく、汗や皮脂と一緒に不要な老廃物を排出して、代謝を活発に行なっているのです。

毛穴は生まれつきのものであり、大きさが変わるものではありません。
問題は、毛穴が何らかの原因でトラブルを起こしてしまって、大きく目立ったり、ニキビや肌荒れの原因になることです。

大きな原因としては、肌が乾燥することによって、過剰に皮脂を分泌してしまって、毛穴の中に皮脂が詰まり閉じにくくなるからです。

毛穴の種類について

毛穴にも種類があり、原因や予防法、対策法も異なります。

毛穴は無くなるものではありませんが、化粧品を上手に使って、目立たなくすることはできますので、その種類に合った予防法、対策法を学びましょう。

あぶら毛穴

皮脂が過剰に分泌しすぎてしまい、肌表面全体がベタついている状態です。
過剰な洗顔や油取り紙の使用は逆効果になってしまいます。

あぶら毛穴の解説

たるみ毛穴

加齢にともなって、肌の土台であるコラーゲンが減少し、毛穴が縦に広がって大きく目立っている状態です。
まずは、肌の土台を元気にすることが大切です。

たるみ毛穴の解説

黒ずみ毛穴

鼻に多い黒く目立つ毛穴で、角栓と呼ばれる皮脂と汚れの固まりが詰まって毛穴を押し広げており、いつニキビになってもおかしくない状態です。
日々のスキンケアをしっかりすることが大切です。

黒ずみ毛穴の解説

毛穴パックに要注意!

毛穴パックは、詰まっていた角栓が面白いくらいに取れ、鼻がキレイに小さくなった気がします。、また、それを目で確認できるので、ついつい癖になりがちです。

しかし、毛穴パックは、しすぎると角質を痛めるだけでなく、肌の乾燥も招きます。

毛穴パックなどの「取り除くタイプ」の毛穴ケアは、実は頑張れば頑張るほどトラブルを招いてしまうことになりますので、使用回数には注意して下さい。