乾燥肌と化粧品。

化粧品を上手に使って、乾燥の無い健康な肌を作りましょう。

化粧品情報サイト

肌トラブルの原因や対策法-化粧品の知識-

乾燥肌の原因や対策について。

秋から冬にかけて特にお悩みの方が増える乾燥肌の解説をしています。乾燥肌を防ぐためには、保湿力のある化粧品を使用することが大切です。こちらでは、原因をはじめ、予防法や対策法を紹介しています。


乾燥肌講座−原因や症状について

秋から冬にかけて、特に肌トラブルの悩みの種となるのが乾燥肌です。
この時期は、空気が乾燥して、肌の表面がカサカサし、ざらつきが目立ちます。

乾燥肌になると、見た目や痛み以上に悩ましいのが肌の『かゆみ』で、多くの方がかゆみに襲われ、肌をかくことによって症状を悪化させてしまいます。

乾燥肌にともなうかゆみは、角質細胞間脂質と皮脂が少なくなって、水分の蒸発抑制力が低下して、皮膚からの水分が蒸発することで誘発されます。

乾燥肌になる原因としては、先天的(遺伝)なものと、後天的なものの2つに分かれます。

後天的なものの原因としては、加齢にともなう肌の老化や乱れた生活習慣、誤ったスキンケア(過度な洗顔など)などがあります。

予防法や対策法

乾燥肌は、放っておけば悪化して肌荒れに発展してしまう危険性がありますので、しっかり予防や対策を行ないましょう。

日常の洗顔スキンケア

乾燥肌になってしまう人の殆どは、日常の洗顔やスキンケアの方法が間違っていることが多いようです。

洗顔は肌の汚れを落としキレイにします。
しかし、誤った洗顔(ダブル洗顔など)は、肌に大切な皮脂まで洗い出してしまいます。

皮脂を過剰に失った肌は、肌の水分を保つバリアがない状態ですので、水分がどんどん蒸発してしまい、誰でも乾燥肌になってしまいます。

洗顔する際は多くても1日2回まで、洗顔料をよく泡立てて、泡で包み込むように優しく下さい。
また、メイクが肌に残ってしまうことも、肌荒れや乾燥肌の原因になりますので、クレンジングは念入りに行ない、ぬるま湯でしっかり洗い流しましょう。

生活習慣(ライフスタイル)

疲労や睡眠不足、過度なストレスは、血行が悪くなり、ホルモンのバランスを崩すことで、ターンオーバーの乱れを招きます。

喫煙は肌の細胞などにダメージを与え、ターンオーバーの乱れを招き、非常に乾燥しやすい肌になってしまいます。

また、偏った食事や、ダイエットなどで食事の量が極端に少なかったりすると、肌に必要な栄養が不足しますので、バランスの良い食生活を心掛けましょう。

加齢に伴う肌の老化

肌の潤いを保つヒアルロン酸やコラーゲンは、もともと体内で生産されますが、加齢とともに生産量が減少する為、肌が乾燥してきます。

赤ちゃんの肌が水分に満ち溢れているのは、ヒアルロン酸やコラーゲンがたっぷりと含まれているからです。

また、加齢とともに、女性ホルモンが減少してしまうことも原因となります。
女性ホルモンのエストロゲンは、肌の状態に深く関わっていますので、減少すると、肌は状態が乱れ、乾燥肌になってします。

湿度

秋から冬にかけて乾燥肌で悩む人が急増するのは、この時期に空気が乾燥してくるからです。

空気が乾燥すると、当然ながら肌の水分が奪われてしまいます。

また、暖房により部屋を暖かくすることも、湿度を低下させることになりますので、乾燥肌を招く大きな原因となります。