肝斑(かんぱん)について。

化粧品を上手に使い、肝斑をケアしましょう。

化粧品情報サイト

肌トラブルの原因や対策法-化粧品の知識-

肝斑の原因や対策。

肝斑とは顔に淡褐色のシミ(斑)のことで、皮膚の色が浅黒い人ほど出来やすいと言われています。左右対称にできる特徴を持ち、体の内側に大きな原因があると考えられています。
しかし、外側からのケアも大切なので、化粧品を上手に使って、肝斑のケアに役立てましょう。


肝斑の原因や症状

肝斑(かんぱん)とは、いわゆるシミのことであり、日本人の皮膚に出来やすく、特に30〜40歳以上の女性たちに多く見られます。

淡褐色をしており、額、頬骨のあたり、口の周辺に左右対称に広がるように現れますので、一見、顔色が悪いように見られる場合もあります。

他のシミと同様に、紫外線やストレスなども原因になっていますが、肝斑の出現には女性ホルモンのバランスが大きく関係していると言われており、特に卵胞ホルモンと黄体ホルモンとの関連が指摘されています。

つまり、外部的な原因だけでなく、内部的な原因が大きいのです。

予防法や対策法

肝斑の予防には、内部的な原因をケアする為に、女性ホルモンのバランスを保つことが重要となってきます。
ピルの服用や不規則な生活などは、ホルモンバランスを崩す原因となります。

また、他のシミと同様に紫外線を防ぐことが大切です。
これは、肝斑の症状も紫外線で悪化する為です。

家庭でできること

外出の際には、紫外線対策をしっかりと行い、ターンオーバーを促進させる為にバランスの良い食事や十分な睡眠を心掛けましょう。

また、他のシミと重複しないように、美白化粧品などを取り入れた日常のスキンケアも大切です。

内服薬を利用

他のシミと同様ですが、出来てしまったシミのケアは難しく、また、肝斑特有の内面的な原因が大きく関係している為、素早くケアしたい場合には、内服薬の利用をオススメします。

化粧水や美容液を上手に使う

肝斑も他のシミと同様に、使用する化粧品を選び間違えると意味がありません。

また、刺激の強い化粧水や美容液などを使用すると、悪化する場合もありますので、、肝斑の症状に合わせて上手に選ぶ必要があります。