炎症性色素沈着について。

化粧品を上手に使い、炎症性色素沈着をケアしましょう。

化粧品情報サイト

肌トラブルの原因や対策法-化粧品の知識-

炎症性色素沈着の原因や対策。

炎症性色素沈着は、ニキビ跡やケガの跡などが色素沈着を起こしてシミになった部分のことです。
紫外線を浴びることで色が濃くなってしまいますので、化粧品を上手に使って、早めのケアをしましょう。


炎症性色素沈着の原因や症状

ニキビや火傷の跡がなかなか消えないと思ったことはありませんか?

炎症性色素沈着とは、ニキビ跡や怪我・火傷の跡などが色素沈着を起こして、シミになった部分のことで、香水や薬品がついた部分が炎症をおこして色素が沈着する場合もあります。

また、金属や植物、化粧品といった様々なアレルギー反応が原因で皮膚炎を起こした後にも炎症後色素沈着となる場合があります。

色素沈着を起こした部分に紫外線を浴び続けると、色がだんだんと濃くなってしましますので注意が必要です。

予防法や対策法

予防法としては、肌に合わない香水や薬品の使用を避けて、紫外線を防ぐことが大切です。

出来てしまった炎症性色素沈着は、一般的にはしだいに消えていくものです。
しかし、皮膚の炎症が酷くなったり、表皮の色素沈着が真皮にまで達したりする場合もありますので、その際には、自己判断せずに皮膚科を受診することをお勧めします。

日常の洗顔スキンケア

炎症性色素沈着を予防する為にも、毎日しっかりと、肌の汚れや香料・化粧品などの付着物を洗い流して、肌をキレイにすることが大切です。

以下のポイントに注意しながら、しっかりとしたスキンケアを心がけて下さい。

バランスの良い食事

偏った食事は、栄養バランスを崩すだけでなく、肌のターンオーバーが乱れてしまい、色素沈着した古い角質が肌に長く残ってしまいます。

ビタミンやミネラルを多く含む食品を中心に、新陳代謝を促進させる栄養素や、抗酸化作用を持つ栄養素を摂取しましょう。

十分な睡眠

睡眠不足は、ターンオーバーの乱れとなるだけではなく、確実に肌にダメージを与えます。
十分な睡眠を摂ることで、新陳代謝の促進にも役立ちます。

化粧水や美容液を上手に使う

ニキビ跡や怪我・火傷など跡が長々と残らないように健康な肌を作る必要がありますが、使用する化粧品を選び間違えると意味がありません。

刺激の強い化粧水や美容液でも使わない限り、肌にダメージを与えるということはありませんが、炎症性色素沈着の症状に合わせて上手に選ぶ必要があります。