洗顔料の解説。

クレンジングの使い方や役割を解説しています。

化粧品情報サイト

『化粧品の通販』で失敗しないために!

洗顔料の役割や使い方について。

化粧品の中でも中心に位置する洗顔料(石鹸や泡洗顔など顔を洗うもの)は、肌の汚れ落としキレイに保つ為のものです。刺激の強い洗顔料はお肌にダメージを与えてしまいますので、正しい洗顔方法と洗顔料を選ぶポイントを参考に、使い方に注意しながら、上手にスキンケアしましょう。


洗顔料の役割を解説

洗顔料の主な役割は、『肌の汚れ落とし』です。

お肌は、常に外気にさらされている為、埃や雑菌が付着してしまいます。
また、分泌された皮脂や古い角質なども付いていますので、放置すると様々な肌トラブルを招く原因となります。

そこで必要となるのが、基礎化粧品の中心にある洗顔料です。

1日の始まり、又、終わりに、お肌を生まれたてのキレイな状態にしてあげる事が、美しい肌を保つ秘訣になるのです。
洗顔料は、化粧水や美容液のように肌に何かを与える訳ではありません。
汚れの無い、キレイな肌に戻してあげることが洗顔料の役割なのです。

化粧水や美容液を気を使っていても、「肌荒れ」や「化粧ノリの悪さ」が気になる方が、洗顔料を変える事で肌の状態が改善したというのは良くある話です。

肌が汚れている状態で栄養を与えても、肌は受け取ることはできないからです。

洗顔料の使い方

洗顔料の使い方としては、洗顔料を手にとって、しっかりと泡立てて優しく丁寧に洗って下さい。
強く洗いすぎると、逆に肌を傷つけてしまう可能性があります。

また、洗顔はこまめにした方が、汚れ等がしっかり落ちて肌に良いように思えますが、頻繁に洗顔すると、過剰な皮脂だけではなく、肌に必要な皮脂や肌が持っている自然の保湿因子(NMF)なども洗い流してしまい、肌のバリア機能を破壊してしまいます。

その為、当サイトでは洗顔は、朝と夜の1日2回程度をオススメします。

洗顔料の種類については、「洗顔ファーム」「洗顔石鹸」「洗顔パウダー」「液状洗顔料」がありますが、選ぶ際には『刺激が少なく』、『しっかり泡立つ』ものをお選び下さい。

また、「しっとりタイプ」には注意が必要です。
このタイプの洗顔料は、しっとり感を出す為に、多くの油分が含まれてるからです。
汚れや皮脂を落とす為の洗顔で、油分を補充するのは逆効果です。
一時的は感覚ではなく、肌を生まれたての状態に戻す為に洗顔を行ないましょう。

火山灰を含む洗顔料の使い方には、特に注意して下さい。

洗顔料に含まれるオススメの成分

○○○

○○○